スタッフ・ブログ

一般社団法人審査センターのスタッフブログです。
 
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
MOBILE
qrcode
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
夏といえば甘納豆だよね。


こんにちは一本道です。

あっという間に秋の気配ですね。楽しい夏を過ごしましたか?

はじめましてのご挨拶代わりに夏が来る度思い出すお話をひとつ。




その年は 一本道一家 その友達(K君) 弟家族で田舎の一軒家を借りて過ごしておりました。

外はあいにくの雨

食事を終えみんなでくつろいでいるとお腹の弱いわたくしの旦那がトイレに篭ったまま出てきません。


同じ様にお腹が痛くなったK君がソワソワし始め間もなく部屋中ををデューク更家の如く歩きだしました。K君の助けに応える事なくトイレは一向に空きません。


ドSなわたくし「今土砂降りなんだし誰も通らないからそこでやっちゃいな」と言い放ちK君を雨の降る外へと追い出しました。


それと時を同じくしてスッキリ顔で旦那はトイレから出てきました


びしょ濡れのK君はホッとした顔で風呂場のある地下へと静かに消えて行きました。


落ち着きを取り戻した中。


義妹が我が家の息子(当時二歳)に「甘納豆食べたの?こぼしちゃダメでしょ〜踏んじゃうじゃん〓」とその一粒をつまみあげました


「甘納豆なんてここには無いよ」わたくしの一言にハッとした義妹は黙って頷くとK君と入れ代わりに地下へと消えて行きました…。


そう甘納豆ではなくK君の落とし物でした。





わたくしと旦那はK君の甘納豆を部屋のあちこちで見つけ笑い転げていました。

その夜は甘納豆の呪縛から逃れる事が出来ませんでした。

あれから四年…。

夏の旅行は家族だけで行ってます




ついこの間K君は「また行きたいなぁ」と言ってました甘納豆の事は記憶から抹消したようです。


| 一本道 | 09:00 | - | - | -