スタッフ・ブログ

一般社団法人審査センターのスタッフブログです。
 
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 飲んで〜飲んで〜飲まれて〜飲んで〜♪ | main | 生野菜って美味しい♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
1Q89




以前、人に貸してそのまま戻ってこなかった本を古本屋で見つけたので、購入。



しかしなんだね、この本に書かれている1989って年はすごいです。



※昭和天皇の死から始まり、天安門事件、チベット・ラサ暴動、ベルリンの壁崩壊、ルーマニア独裁政権崩壊・それに伴いチャウシェスク大統領夫妻公開処刑(映像が世界に配信された)、パナマ・ノリエガによるクーデター未遂、消費税導入に反対する社会党(現社民党)の躍進、綾瀬のコンクリート詰め殺人事件、坂本弁護士一家行方不明事件、宮崎勤による連続幼児誘拐殺人事件、リクルート事件、総理のめまぐるしい交代劇(竹下→宇野→海部)、勝新パンツに大麻事件、手塚治虫・美空ひばり・尾上松緑・松下幸之助・田河水泡・開高健・ホメイニ・春日一幸・松田優作の死去。※
ちなみにイギリスはサッチャー、アメリカはパパブッシュの時代でもあります。



これだけ書いたら疲れたな。



まあいいや。



で、この本に書かれている問題点が未だに新鮮味があるというのは、まだこれらの諸問題が解決されていないからなんでしょうね。



最終章の、ホモかどうかで悩む男の子に橋本治が真摯に答えるところも含めて、今読んでも面白い本だと思います。



見かけたら是非。





羽山エレーヌ 


 

| 羽山エレーヌ | 09:00 | - | - | -
スポンサーサイト
| - | 09:00 | - | - | -